fc2ブログ
 
■プロフィール

岡  秀 行

Author:岡  秀 行
本当は「寺小屋」のようなことをしたかったんだけどなぁ...どういう訳か今は山梨県甲府市で『かんむら』という名のみんなの居場所を制度を活用しながら、時には活用しなかったりしながら運営しています。この先はたぶん制度から離れていく方向になるのかなぁ...。いずれにしてもココは誰も排除することなく、にぎやかでごちゃまぜになることを楽しんでいる場所です。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ

■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
第5回 地域共生ホーム 全国セミナー
金曜日から、富山に行ってました。

2日間に渡って開催される、恒例の「共生フォーム」に参加するためです。

国の動向、各県の「共生型」推進の状況などの報告や、「地域づくり」についてのセッションがあった。


このフォーラムは2年に1回開かれるのだが、回を重ねるごとにそうそうたるメンバーが舞台に立つ。

2日には、「村木 厚子サン」の講演があった。

IMG_1270_convert_20111024142918.jpg

地検の証拠資料捏造によって長く拘置所に収監されていた逸話などを、笑いを含め解り易く話して下さった。

講話の中で、『拘置所の中、人生のどん底にあるにもかかわらず、自らの中にまだ存在する「好奇心」を知った。その気持ちがなかったら耐えられなかったかもしれない。』と語っていた。

具体的には、「拘置所の中での生活」に興味があったと話す。

「拘置所の中では買い物もできる。 マークシートの品目にチェックを入れて提出すると、2~3日で品物が届く。 チョコレートはガーナチョコレート、シャンプーは資生堂、下着はユニクロ...」などなど。

人はどのような状況の中でも、「遊び心」「好奇心」を忘れてはならないと、改めて知った。

現在、彼女は内閣府の政策統括官で、『共生社会政策担当』として有能な手腕をふるっている。



数日前、惣万さんとの電話でのやり取りの中で、「共生型における、山梨の現状」についてフォーラムの中で発表するように...みたいなことを言われていた。

1日目が終わり懇親会の席でも、デイケアハウス『にぎやか』の阪井のネーサンがファシリテーターを務めるセッションであたりでチョット言ってみて...とかなりアバウトな感じだった。

そのあとネーサンとも話したが、2人とも少し酒も入っていたので、「話はなかったことに...」かなと。

ネーサン、山梨から一緒参加している山下サンと一緒に懇親会を途中で抜け出し、『にぎやか』主催のカラオケに参加。

富山型の仲間たちと、はっちゃけた...。   


2日目、ネーサンの進行で、「富山型デイサービス...あのねのね」の途中、いきなり...

『山梨の岡ちゃん...何処にいるんだ...』とネーサン

ギリギリで会場入りしたこともあり空席がなく、2階席で恐る恐る手を挙げた...

「あんた、なんでそんなトコにいるんだ(爆)」

なんだかよく解らないまま、ノコノコと舞台へ...。


『かんむら』の状況や、『共生型』不毛の県における現状について話させていただいた。

ところが、なんだか会場からは拍手ではなく大きな笑いの渦が...。

さすがは阪井由佳子 

泣けるような話でも笑いに変えてしまう。

これだから「富山型」はやめられない。

IMG_1274_convert_20111024143905.jpg  IMG_1271_convert_20111024143511.jpg
    我らが 惣万佳代子    中 阪井ネーサン、右「ふらっと」宮袋サン


2日間、たくさんの力をいただいた。

惣万さん、西村さん、ネーサンはじめ、関係者のみなさん...本当におつかれさまでした。

全国から集まった仲間たち、また明日からガンバロー

         IMG_1275_convert_20111024144555.jpg
              阪井のネーサンと


未分類 | 13:25:09 | トラックバック(0) | コメント(1)