■プロフィール

岡  秀 行

Author:岡  秀 行
山梨県甲府市で『かんむら』という名のみんなの居場所を運営している。これは一般的に、「富山型デイサービス」と呼ばれる。「富山型デイ」とは、「子供からお年寄りまで、障害があっても無くても共にすごすことができる」というデイサービス。トンチンカンでアウトロー...山梨県では異色なデイサービスであるため、同業者からは白い眼で見られている。しかし当の本人は、それも心地よく感じられるようになってしまった今日この頃である...。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
疲れた~
何日かに分けて、利用者さん宅に行って来た。

デイサービスの生活相談員としての訪問と、ケアマネとしての月イチの訪問。

『かんむら』には支援が困難なケースの依頼が多く来る。

他事業所からの紹介の利用者サンは泣けるようなケースがほとんど。

他の事業主サンと話をすると、よく気の毒がられる...。

ここでいろいろと愚痴を並べると、また抗議のを戴きそうなので控えますが...。

とにかく月内の訪問回数が多くなるのはそのため。

どこにでもいるようなお年寄りや障がい者でなく、退屈させない人ばかり...。

必然的にスタッフの数も他事業所と比べ段違いに多くなる。

けれども、そんなキケンな利用者サンたちが大好きです

こういったケースを笑って受け入れられる『かんむら』のことも大好きです。

スタッフにはホントに申し訳ないけれども...



そうそう、最近特に物忘れが多い...

精神的に疲れが回るのもはやい...。

「うつ」の症状に、「解離性遁走(かいりせいとんそう)」というのがある。

自分自身を守るために、いろんなことを忘れる症状らしい。

ちゃ~んと、自分にとって都合の悪いことを中心に忘れるみたい

頭も心もいっぱいっぱいになって、どうにもならず...。

けど、なんとか自分自身を守らねばと...。

人間ってのは、よくできてるもんです。

僕にもちゃんと「リミッター」がかかりました。

この症状は、人によっては3日間くらいの出来事を記憶していないこともあるらしい。

勿論、断片的には記憶しているが...。

僕の場合、もう少し長かったかもしれない。


あの時期、この症状で随分といろんな人に迷惑をかけてしまった...

病気だと思わなかった時は訳も解らず自分を責め、どうにかなってしまいそうだった。

まだ、関係が完全に修復できていない人もいるけれども...。



自分自身に余裕がないことが判ってるのに、誰かに頼まれたことを受けなければならない時。

その人の目を見て「ハイッ」って返事しているのに、話の内容はまったく覚えていないらしい。

その後、自分が要求に応えなかった事を責められ落ち込み、その相手に対しても申し訳けない想いで...。

断ることができない、自分の弱さなんだろうね...。

けど、これは今に始まったことではなくて、昔からあったように思う。

病気ではなく、「癖」なのかなって思うことも...?

調子がいいと思ってチョットムリすると「あれっ」ってなるんだよねぇ~。

こんな厄介な奴と一緒に仕事をしている『かんむら』の仲間にはホントに申し訳ない


ないとは思いますが、みなさんも気をつけてくださいね。

なにせ、近年は『指折りの現代病』に挙げられますので...

身体でする「ムリ」と、心でする「ムリ」はまったく違います。

できないことは、『できない』という事です。

僕には、『できない』と言うことができる強さがまだまだ足りませんが...。

『かんむら』のみんな~...こんな僕をどうか見捨てないでね~



今日は早めにやすみます。

おやすみなさい

未分類 | 21:39:30 | トラックバック(0) | コメント(0)
次のページ

FC2Ad