fc2ブログ
 
■プロフィール

岡  秀 行

Author:岡  秀 行
本当は「寺小屋」のようなことをしたかったんだけどなぁ...どういう訳か今は山梨県甲府市で『かんむら』という名のみんなの居場所を制度を活用しながら、時には活用しなかったりしながら運営しています。この先はたぶん制度から離れていく方向になるのかなぁ...。いずれにしてもココは誰も排除することなく、にぎやかでごちゃまぜになることを楽しんでいる場所です。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ

■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
年明け!
いよいよ2012年

昨年は、日本にとって大変な一年だった。

『かんむら』にとっても...。

現状をしっかりと受け止め、明るい『日本』、明るい『かんむら』でありたいと願う。


昨夜はお泊りの方がいなかったので、家族で紅白歌合戦をみた。

東日本大震災一色といった感じだった...。

悲しい歌、明るい歌、よくわかんない歌と目白押しだった。


僕には妹と弟が1人ずついる。

妹は岩手県に嫁いでいるが、弟は同じ地域にいる。

昨夜は、その弟夫婦も一緒だった。

Image0070_convert_20120102101049.jpg

Image0071_convert_20120102101128.jpg

僕とは違い、親思いの夫婦です。



そして元旦、利用者の土橋サンがお着物で参上

Image0077_convert_20120102101014.jpg

若かりし頃は踊りもこなすお嬢さんというだけあり、誰の手も借りず一人で着つけて来た。

彼女自身、最近は悲しい出来事が続いた事や物事が解らなくなってきた悲しさを受け止める日々だが、今日は彼女の持つ力にホントに驚かされた。

しかも、着物を着たのは数十年ぶりとのこと...。

スゴイ...正月からみんなで感動です。


Image0079_convert_20120102101155.jpg
 みんなでおせち料理を食べた


認知症ケアって言われて久しいが、どれがどうなのか...?

パーソン・センタード・ケアやらなにやら、いろいろあって良く解らない。

『かんむら』は通ってる方全員が、なぜか認知症...

なので『かんむら』は、「目の前の人にトコトン寄り添う」という所に尽きると考えてます。

「寄り添う」とは、「より、添ってゆく」という事なのだと、最近よく思います。

さり気な~く「よりそう」ということだと...。

いずれにしても、必然的にスタッフが多くなる。

今日は利用者サンが3人なのに、スタッフも3人。

明日は6人に対し、スタッフ5人。


さてさて2012年の『かんむら』...

この調子で大丈夫なのかしらと...

みなさん...2012年も『かんむら』に変わらぬ愛の手を~~~







































未分類 | 22:48:03 | トラックバック(0) | コメント(0)