FC2ブログ
 
■プロフィール

岡  秀 行

Author:岡  秀 行
本当は「寺小屋」のようなことをしたかったんだけどなぁ...どういう訳か今は山梨県甲府市で『かんむら』という名のみんなの居場所を制度を活用しながら、時には活用しなかったりしながら運営しています。この先はたぶん制度から離れていく方向になるのかなぁ...。いずれにしてもココは誰も排除することなく、にぎやかでごちゃまぜになることを楽しんでいる場所です。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
本日の『かんむら』
子供たち
たかおクン、みかチャン、みかチャンの妹と弟クン、シロウとトシノブの6人の食事の様子

みかチャン達は今回が『かんむら』の初利用です。子供部屋から出て来ては、にぎやかに駆け回ります。そんな子供たちを見守るおばあちゃんたち。元気一杯の小さな訪問者たちに、おじいちゃんもおばあちゃんも、笑顔あり、世話焼きあり、「げんこだぞこら~!」と説教あり。とにかく賑やかな一日となりました。ちなみに子供たちの中に、支援学校に通っている子供が二人いるけど、分かりますか?こうして世代を超えて交わると、障害とか関係ない。むしろ個性だなって思います。認知症になっても同じことですよね。日頃はすぐに帰ろうとする認知症のおばあちゃんも、この日は穏やかに子供たちを見守っていました。しかし、風船バレーや折り紙、パソコン、ハンモックで遊ぶetc・・・飽きることなく遊びまわる子供たち、遊ぶ時間を作り出して、自由に楽しむ。やはり子供は天才です。もうすぐ世間は春休み・・・ちびっこギャングはしばらく通い続けることになりそう・・・みんなに元気をありがとう。

見学者

2月18日の惣万サン、西村サンを招いての「共生型」シンポジウム...。
以来、そのシンポジウムに参加者した方たちが、よく見学に来られております。
今日は社会福祉士の若い女性が見学に来ました。福祉系大学を卒業して社会人となってまだ間もない彼女・・・富山型デイサービスへの興味とともに、自分にとっての居場所を求めているようでもあり・・・夕方には帰る予定だったのですが、じっくりと彼女の話しを聞き、そしてかんむらの思いや、理事長の岡、新人(ロートルだけど)の田村を交えてぶっちゃけトークで盛り上がりました。もっとも、今回はノンアルコールなのでセーブ気味(--〆)
若いんだから悩みがあってこそ・・・いつでも来てください。かんむらはいつでもウェルカムですから!

★今日は岡がうつ症状に加えて、不摂生がたたったのか、熱を出してしまい、急きょ田村が代筆です。駄文の記事で申し訳ありません。



未分類 | 17:22:21 | トラックバック(0) | コメント(0)