fc2ブログ
 
■プロフィール

岡  秀 行

Author:岡  秀 行
本当は「寺小屋」のようなことをしたかったんだけどなぁ...どういう訳か今は山梨県甲府市で『かんむら』という名のみんなの居場所を制度を活用しながら、時には活用しなかったりしながら運営しています。この先はたぶん制度から離れていく方向になるのかなぁ...。いずれにしてもココは誰も排除することなく、にぎやかでごちゃまぜになることを楽しんでいる場所です。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ

■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
こんな感じです...
いま入室している部屋は、こんな感じです。

IMG_0470_convert_20120411105226.jpg
       入り口から

IMG_3764_convert_20120411105304.jpg
       部屋の奥から

コンクリート壁に囲まれた部屋。

エアコンの電源元はナースステーションにあり、勝手には入れられない。

完全管理

こう言うと聞こえはいいけど、メチャクチャ寒い...。

そして、余計なものは何にもない部屋です。

椅子すら置いてない。

天井もフラット...。

ヒモ類の持ち込みも厳禁

よからぬことを考える患者サンもいるので...。

もちろん、窓ガラスも15センチほどしか開かない。

IMG_1640_convert_20120411110741.jpg
     止め具が掛かってる

やっぱり、よからぬことを考える人がいるみたいで...。

確かにここから落ちたら、イチコロだ

まず助かることはない...



こういう病棟はいろんな制約があるけど、僕はかなり自由にさせてもらえてます。

散歩やSST(社会生活技能訓練という)の参加、その他いろいろあるけど、自分がしたいようにダラダラのんびりしていてイイという方針になっているらしい。

何にも考えず、何もしないことがリハビリ。

これは僕の症状と意向を、主治医が最大限に受け容れてくれていることに他ならない。

ありがたいことです。



病棟の入り口。

IMG_6002_convert_20120411110708.jpg
      ナント...鍵付き

ここは、いわゆる閉鎖病棟というヤツです。

この病院は2階から4階が病棟だけど、すべてこんな感じ。

開放病棟はありません。

自分で了承して入院したんだからしょうがないけど...不便です。

この扉を通る時には、持ち物検査もあります。

いずれにしても今となっては、扉の向こうは遠い世界です...








未分類 | 11:34:48 | トラックバック(0) | コメント(0)