fc2ブログ
 
■プロフィール

岡  秀 行

Author:岡  秀 行
本当は「寺小屋」のようなことをしたかったんだけどなぁ...どういう訳か今は山梨県甲府市で『かんむら』という名のみんなの居場所を制度を活用しながら、時には活用しなかったりしながら運営しています。この先はたぶん制度から離れていく方向になるのかなぁ...。いずれにしてもココは誰も排除することなく、にぎやかでごちゃまぜになることを楽しんでいる場所です。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ

■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
安息の場所、いずこや...
こういう病院は他の病院と比べて、少しばかり目立つ汚れが多いように感じる。

これは、僕が仕事上かかわった病院において...というのが前提です。

全国的にそうかというのは別問題にしておいてください。


思うに、細かいところにまで神経を配る余裕すらない人たちが多い場所だから。

自分自身がいっぱいいっぱいで、周りのことに構っていられない人が多いんだと...。

でも、これは仕方がないこと。

だからココには、廊下や部屋を週に何回も掃除してくれるスタッフがいる。

けど、どういうわけかすぐに汚れる。

自分の部屋は自分で、毎日午前午後、拭き掃除をしている。

僕は、こんなにせっせと掃除ができるような性格ではなかった。

A型のゆっこサンの影響だろうか...。

この部屋は景色も良いし、慣れてきたこともあり居心地もいい。

だから部屋にいる時はいい...。

ただ、ここから出なければならない時がある。

それは...トイレ...

残念ながら、部屋にはトイレがない。

ほかの患者サンたちと同じトイレを使わせてもらっている。

病棟にはトイレは2カ所。

この病棟は、ちょうど『L字』の形になっている。

『L』の縦の部分の方に相部屋、横の部分の方が個室(4部屋)となっている。

そのどちらにもトイレがある。

当然、相部屋側のトイレは使用頻度が高く、掃除をしてもらっているにもかかわらず大変な剣幕である。

入院初日に一度だけ行ったことがあるけど...今の僕にはムリ

けどたまに、どういうわけか個室側のトイレも...。

なんでだろ...ほかの3人は女性なのに...。

相部屋の人たちがやって来て、使ってるのかな

ココには書けないけれども、非常に危険な時があります

汚染レベルを示すメーターは、完全に振り切れてます。

割愛しますけれども、お判りですよね...。

その惨状が目に入っただけで、いろんな意味でやる気がなくなります。

まだ、地雷原で用を足した方がいいくらい...

安息の場所であるべき、愛しきトイレ...。

何でこんなことになっちゃったの~~~

どうすればこんなところまで~~~...みたいな...。

必然的に、掃除をしてからでないと安息の時間が確保できない...


部屋を掃除していると、たまに掃除の人がやってくる。

「あっ、今からお掃除に入るから大丈夫ですよ」と言ってくれる。

なんか、掃除に入ってくれるタイミングで僕が掃除しだしたようで...。

嫌味なように思われないようにと、掃除の時はいつも気を使う。

トイレに入る前の掃除も然り

一度、便器を覗き込んでいた時に、掃除のおばさんと遭遇したことがある。

なんでだか知らないけど、「だいじょうぶ」と心配そうに声を掛けられてしまった...

最悪なのは、用を足している時にやって来る、ココの住人である患者サン。

ノックを返すと、反応が消える...。

しかし、トイレのドアから離れる足音が聞こえない...

10秒後、またノックの音が...

恐る恐る、とりあえずノックを返してみる...。

こんな時間に、まさか「花子さんじゃ」と頭をよぎる...!?

30秒後...「あと、どのくらい掛かりそうですか~」と...

そう来るとは思わなかったので、「2~3分くらいでしょうか...」と答えてみる。

手を洗ってたらやって来て、「ご飯おいしかったですねぇ~」って。

なんのこっちゃ...いったいいつの御飯のことだろ...


だから、トイレに向かう前は戦仕度さながらだ。

手際よくキレイに、できるだけ短時間で掃除を終え、来るべき時に備える必要がある。

さらに、用を足すのも迅速に...

悲しい...

仕事だって、これだけちゃんと段取りをして取り組んだことなんかないのに。


トイレ30分前...来るべき時が来て、「めんどくさいな~」とソワソワしだす。

20分前...掃除のおばさんや住人達に遭遇しないかと心配になってくる。

15分前...避けては通れない道だと、嫌々腹をくくる。

10分前...マイ「トイレクイックル」、除菌用濡れティッシュなどを用意

鉢巻があるならしてゆきたいくらいだ。

テーマソングは、「必殺仕事人」...人斬り理事長 登場

5分前...貴重品などをあちらこちらへ隠し、ロッカーに鍵がかかってるか確認。

3分前...人気がないことを確認し、トイレへ(僕の部屋の隣)。

便座周辺を重点的に、自分とは思えないくらいに手際よく掃除を開始

急ぎすぎて、床にトイレクイックル等を落としてしまった時のショックは大きい

すべてが終了し、いざ鎌倉...あとは足音とノックの音が聞こえないことを天に祈るしかない


笑い話ではなく、とにかく大変です。

普段ならどうってことはないのだけれども...。

今の僕には何もかも大変なことだらけです。

自分だけでなく、置かれている環境も。

そして安息の場であるはずのトイレ...。

たかがトイレ、されどトイレ...。

お食事中の方、スミマセンでした。

あぁ...安息の場よ...いずこに...







未分類 | 20:19:15 | トラックバック(0) | コメント(0)