fc2ブログ
 
■プロフィール

岡  秀 行

Author:岡  秀 行
本当は「寺小屋」のようなことをしたかったんだけどなぁ...どういう訳か今は山梨県甲府市で『かんむら』という名のみんなの居場所を制度を活用しながら、時には活用しなかったりしながら運営しています。この先はたぶん制度から離れていく方向になるのかなぁ...。いずれにしてもココは誰も排除することなく、にぎやかでごちゃまぜになることを楽しんでいる場所です。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ

■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
さくら ももこ...
「ちびまるこ」でおなじみの、さくらももこ...。

「ちびまるこ」すらよく知らなかったが、彼女の本を買ってみた。

漫画ではなく、エッセー仕立ての「まるこだった」という本。

意外や意外...面白くて、あっという間に読み終わってしまった。

それからは、外出の度に本屋に走る。

気がついたら、病室の棚には彼女の本が7冊ならんだ。

本

この「さくらももこ」という人には驚かされる。

彼女は、小学校低学年の頃の記憶が鮮明に残っているようだ。

僕なんか、ほとんど覚えていないのに...

昨日今日のことだってあやしいくらいだ...


著者は読者のために、面白い多くのエピソードを考えて書いているのであろう。

自分が書いた本を通し、「みんなに笑顔になって欲しい」という、単純で平和的なコンセプトが根底に感じられる。

そして、「今が大切だ」という想い。

「あとで怒られてもいいから、いまこれをやっておかないと後悔してしまう」...。

文中の彼女が真剣に取り組んできたエピソードには、子供ならではの「イタズラ」や、大人からしてみると「無駄なこと」だと言われるものが多い。

けど誰が読んでも、「そういえば」と心当たりのものもきっとあるはず


笑いあり、感動あり...。

とても読みやすい構成になっている本です。

忙し人、絶好調な人、ヒマな人、疲れている人...。

どんな人でも、口元に笑みをたたえながら読める本です。





















未分類 | 19:32:43 | トラックバック(0) | コメント(0)