FC2ブログ
 
■プロフィール

岡  秀 行

Author:岡  秀 行
山梨県甲府市で『かんむら』という名のみんなの居場所を運営している。これは一般的に、「富山型デイサービス」と呼ばれる。「富山型デイ」とは、「子供からお年寄りまで、障害があっても無くても共にすごすことができる」というデイサービス。トンチンカンでアウトロー...山梨県では異色なデイサービスであるため、同業者からは白い眼で見られている。しかし当の本人は、それも心地よく感じられるようになってしまった今日この頃である...。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
立山~...
先月の、「にぎやか釣り部」の飲み会でのこと...

「立山サイコーだわ~」と、のんちゃん...

何でも昨年、立山の「雄山」に登って以来、「山」に取り憑かれている様子。

のんちゃんは、富山県を心から愛している。

けど立山に登ったのは、昨年が初めてだと言う。

僕も、富士山初登頂は20歳をすぎてからだった...。

しかも山梨を離れ、東京在住の時のこと。

普段見慣れた山に登るのにも、きっかけが必要みたい。

山が呼んでいるのか、あるいは「山」と「人」との相性もあるのか...

タイミング、「わけ」があるのかもしれないですね...。


立山を語るのんちゃん...

「人らしさ」を失っていた僕にはとても輝かしく見えた。

酒の勢いもあり、「立山に登りたい」と伝えた。

じゃ、「登ろう」ということになり、本日決行...


メンバーは...

登山経験者のなっちゃん、のんちゃん、めぐちゃん、僕の4人。

FZふ

バスで立山の「雄山」麓の「室堂(むろどう)」と呼ばれる所まで行く。

いわゆる、ベースキャンプみたいなところ。

まずはリポDで闘魂を注入

んMC

あはふ

さてさて、長い道のりのはじまりです。

おJYH

残念ながら天気は曇り...

かすかに見える山の頂を目指します。

最初はなだらかな道。

oifyld.jpg

その道の脇で、小さく可憐な山野草が僕らを出迎えてくれました。

いぇRZ

あせらず休み休み、のんびりと道を行きます。

が、あっという間に雪渓が...

k79le.jpg

最初こそ、「きもちいい~」などと言ってたけど、あなどるなかれ

DXTL

こんなんです...

下は崖...なめてかかると、命を落とします...

雪渓となだらかな道、険しい道が交互に続きます。

ludx.jpg

8o7.jpg

長い道のりでも、素晴らしい景色が心をなごませてくれます。

HTSJ

神々の住む世界へと一歩一歩、近づいているのか...

身体はきつくても、心は喜びに満たされていきます。

空気が澄み、人工建造物はないし風の音しか聞こえない。

普段出る、意味不明な「おかしなため息」がいっさい出ません。


だいぶ高度を上げ、第二のベースキャンプ一ノ越(いちのこし)に到着。

kys.jpg

結構な傾斜です。

eled.jpg

だんだんと岩がゴロゴロとしてくる...。

最初こそ余裕があったけど、砂利で滑ったり危ない場面も...

すっかり曇り、霧まで出てきてしまいました。

4y.jpg

20分ほど行き、下を見ると...

uz.jpg

こんなんなっちゃった...

場所によっては、脚を踏み外そうものならサヨナラフォーエバー...

みんな口数が減ってきた。

7ia.jpg

のんびりできる時もあれば、ここぞという所では気を張って...

人生と同じだなぁ~。


危ない場面がありながらもゆくと、かすかにその頂が...

eyys.jpg

更に這い上がること10分...

ae5ik.jpg

はっきり見えてきた...

不思議なもので、足取りが軽くなってくる。

人間ちゃぁ、ゲンキンなものです。

険しい道、歩を一歩一歩進めることで心が浄化してくる...

はずなのにねぇ~

理屈なんてどうでもいい。

美味しい空気をいっぱい吸って、キレイな景色で心を満たした。

そして...

648.jpg

登頂...

達成感は筆舌に尽くしがたい...

l6dtx.jpg

最初見た雄山は辛く険しい道のりだけを彷彿とさせた。

「はっきり言って自信ナシ」というのが率直な感想だった。

けど、やればできるもんだ。

小学生もいっぱい登ってたけどね...

身体はだいぶ元気になって来たけど、心は自信を無くしたまま...

いつだって心が先走り、体が後からついてきた。

それが病んでしまい、気がついたらすっかり逆になっていた...。

おもしろいものだ。

身体と心のバランス...調和が大事なんだと学んだ。



昼食タイム~...

tsrk.jpg

ただのおにぎりとカップめんなのに...

下界で食べる味とはわけが違う...

すべての事に感謝でいっぱいだった。


食後、みんなで山頂の神社に行き、お祓いをしていただいた。

7i56.jpg

霧の中、なんとも荘厳な雰囲気だった...。

お神酒...美味しかったなぁ~...

邪念はしっかり残ってます

人間ですから...。



お名残惜しいですが、時間です。

必ずまたここに戻って来られることを神様にお願いし下山です。


帰り道は脚がガクガク...

明日は筋肉痛かな~

けど心は満たされ、足取りは軽く感じられた。

fgs.jpg

RYDD

あいかわらず砂利で滑ったり、雪で転んだりでしたが...

本当に楽しい道のりでした。

登りの約半分の時間で到着...

みんなで立山の湧水を戴きました。

DKX

甘くておいしいこと...

登る前に飲んでいたら味変わってたかなぁ~...


生きてるなぁ~...と実感した1日でした。

なにより、無事に下山できたことが素晴らしい

危なかったし、疲れたしだったけど、「また行きたい」と思った。

すばらしい仲間達と登れたことがなによりだった。

みんな~...ありがとね~...




未分類 | 23:53:40 | トラックバック(0)