fc2ブログ
 
■プロフィール

岡  秀 行

Author:岡  秀 行
本当は「寺小屋」のようなことをしたかったんだけどなぁ...どういう訳か今は山梨県甲府市で『かんむら』という名のみんなの居場所を制度を活用しながら、時には活用しなかったりしながら運営しています。この先はたぶん制度から離れていく方向になるのかなぁ...。いずれにしてもココは誰も排除することなく、にぎやかでごちゃまぜになることを楽しんでいる場所です。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ

■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
だ~りぃ~...
今日の『かんむら』の午後...


teyj.jpg

まるで「だまし絵」のような、ひどい光景...

さぁ、何人の方が寝ているでしょう

実は...ココは玄関先ですが、この場所だけで6人です


かんむらは昼食後、午後2時頃まで何にもしないでいいことになっている。

食べ終わった茶碗などの片づけもナシ...

これも姉ぇーサンの「にぎやか」から学んだことです。

それでいつもこんな感じになっている。

今日は遅めの昼ごはんだったので、2時30分頃までダラダラとしていた。

起きる時間も決まってないので、一人ひとりモゾモゾと起き始める。

そしてみんなでボケ~ッとしながら身の上話など...


trh.jpg

「最近寝られてる~」みたいな感じ。

どれもこれも、仕事とは全く関係ない話だ。

そして...

「だるいねぇ~...」

「もう何にもしないでいいんじゃない?」

みたいな...。

そこがまた『かんむら』らしいところだなぁ~なんて思ったりして...。



そういえば、『かんむら』の名物男シゲルさん...

午後1時30分頃の様子

hw7mr.jpg

即身仏でも、悟りをひらいているわけでもありません...

ただイビキをかいて眠っているだけです

断っておきますが、ココは菩提樹の下ではなく「かんむら」です...。

この男、この場所に座ると、ものの1分ほどで夢の世界へ旅立ちます。

この世に生をうけて64年...修行の成せる技です。

この技を習得するのに、パラオ共和国で8年間の修業を積んでおります。

ウソです...

まったくの、天然・日本製です


以前の昼寝の定位置は、数ヶ月前にアリトモさんに乗っ取られちゃった...

「空腹を満たす」事と「安眠」は、生きて行く上で欠かすことができない。

生存競争はとっても厳しいのである

追いやられてからというもの、いつもココが定位置

なにぶん狭い「かんむら」...いまは座ったままでのお昼寝状態

今日はココで30分ほど寝て、なにを思ったか足早にキッチンへ...

おもむろに冷蔵庫を開け、なぜか栄養ドリンクを一気に飲み干した

そしてまた同じ場所に戻って来て...

erhq.jpg

今度は口まで開けて、また爆睡...

前の写真とよ~く見比べてみてください

手指、足の交差の具合はまったく一緒で、口を開けてるトコしか変わってない...

前後30~40分の合間があり、しかも動き回っても口(アゴ)の形しか変わってない

まさに神業...

しかし...それにしても、さっぱり意味が解らない...

あの栄養ドリンクは、いったいなんだったのだろう...


シゲルさんが起きてから聞いてみた。

(お)「寝られないことってある?」

(シ)「いやぁ~...ないっすねぇ~

(お)「じゃ、悩み事は?」

(シ)「いやぁ~...ないっすねぇ~]」

みんなあっけにとられていると、「いや...考えないようにしてます」と。

言いなおしても、ちゃんと目が泳いでいる...瞳孔も開き気味...

悩み事なんてあるわけないと、みんなよ~く知ってます


それにしても、さすがはミスターかんむら...恐るべし









未分類 | 19:50:33 | トラックバック(0)