fc2ブログ
 
■プロフィール

岡  秀 行

Author:岡  秀 行
本当は「寺小屋」のようなことをしたかったんだけどなぁ...どういう訳か今は山梨県甲府市で『かんむら』という名のみんなの居場所を制度を活用しながら、時には活用しなかったりしながら運営しています。この先はたぶん制度から離れていく方向になるのかなぁ...。いずれにしてもココは誰も排除することなく、にぎやかでごちゃまぜになることを楽しんでいる場所です。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ

■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
立山...
昨日、富山から帰ってきた。

帰路に着いて見えた立山...

なんとも荘厳な、「得も言えぬ」とはこのことを言うのだと思った。


tdjsum,te

運転中なのに、思わず手を合わせてしまった...

昨日の立山は、これまで僕が見た中で一番素晴らしいものだった。

『神々(こうごう)しい』という表現で良いのだろうか...

そんな表現ですら適切なのかどうかも分からない。

光の加減もあり、最初はまるで「空に描かれた鮮明な絵」のような...

それほど見事な物だった。

姉ぇーサンはじめ、富山県人が立山を「神」と崇めるのも解る気がした。

いわゆる『立山信仰』というものであろうか


そんな光景を目の当たりにし、夢心地な気分で高速道路に乗ったら...

速度超過で覆面パトカーのお縄になっちゃった...

ま、これも何らかの意味があるのだと捉えております。



『かんむら』に帰ったものの、ちょっとしたことがあり毒を吐いてしまいました。

留守中、気を張って頑張ってくれていたスタッフ達...

もちろん感謝の気持ちでいっぱいだったんだけど、またまた毒を

家に帰ってから自己嫌悪やらいろんな想いがごちゃ混ぜになってしまった。

そしたら、さっぱり眠れなくなっちゃった...

留守中に撮りだめしてあったTV録画を観ていたら一通のメールが来た。

その主は姉ぇーサンだった...

彼女も寝られないとのこと。

しかも、テツさんも寝られていないことが判明

電話で、「テツさん、ラーメン食べに行きましょう姉ぇーサンを連れて、今から迎えに来てください」と冗談で言ってみたら...

「金沢くらいだったら今すぐにでも行くけど、山梨はキビシイぜ~」

「俺も腹が減って、いまラーメンを作ろうかと思ってた」と。

もちろん迎えには来てくれなれなかったけど、なんとも不思議なことだった。

これは夜中も夜中、丑三つ時をとうにすぎての話。

三人で「眠れない夜」を共有できたことでずいぶん楽になった...

というか、「笑い」に転換できたりと...

おかげさまで、その後はぐっすりでした



さて、今日の『かんむら』...


xfjdmsut.jpg

弟の嫁さんのお母さんが干し柿づくりのボランティアに来てくれた。


午後、昨日の(毒を吐いた)件も踏まえ島田サンとじっくり話をした。

人間どうし、「解っている」というつもり違いをしていることがどれだけ多いことか...。

お互いの目を見て話さなければ解らないことだらけだ。

その上で初心に帰り、理念や在り方を再確認することはとても大切なこと。

今回は、とても良い話し合いができたと思っている。

島田サン...ありがとね...



tje;9eje57k

11月も中旬なのに、かんむらに咲いているヒマワリ...

本当は真夏に咲く予定だったのに、茂サンが草と一緒に何度も刈り取ってしまい...

そんなイタチの追いかけっこを繰り返しながら、ようやく咲きました。

けど、よ~く考えてみるともう12月...

ハウス栽培じゃなく、露地で...。

どこを見渡したって、咲いているヒマワリになんかまずお目には掛かれない

結果的にシゲルサン...またひとつ伝説を作ったようです




































































未分類 | 23:36:00 | トラックバック(0)