fc2ブログ
 
■プロフィール

岡  秀 行

Author:岡  秀 行
本当は「寺小屋」のようなことをしたかったんだけどなぁ...どういう訳か今は山梨県甲府市で『かんむら』という名のみんなの居場所を制度を活用しながら、時には活用しなかったりしながら運営しています。この先はたぶん制度から離れていく方向になるのかなぁ...。いずれにしてもココは誰も排除することなく、にぎやかでごちゃまぜになることを楽しんでいる場所です。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ

■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
ことば...
僕が病院から出てきた今年6月末、島田サンがDVDをプレゼントしてくれた。

そのDVDが...


dtzusjutl.jpg

柴田トヨさんの『くじけないで』

90歳をすぎてから詩を書きはじめた彼女は、現在101歳。

そんなトヨさんの言葉は、何気ない一言でも深みをもっている。


「くじけないで」は、「まけないで」とは少し違う。

困難をしっかりと受け止めた上で、それでいて「ゆっくりやってゆこうよ」というような...

温かみのある、なんともやわらかい日本語である。

トヨさんは、「ことば」の用い方がとってもお上手だ。

実際にDVDを観たらもっとそう感じるようになる。

戴いてすぐに観た時と今夜では、詩の受け取り方がまた違った。


おなじ「ことば」でも、使う人や伝え方によってまったく異なる。

ことばの「受け手」によっても...

その「心」やその人を取り巻く環境によってもだ。


ここのところ、人に想いを伝えるのは簡単そうで難しいものだとひしひしと感じる。

想いばかりが先に立てば、聞き手を置き去りにしてしまう。

聞き手のことばかりを考えれば、ものごとの本質が上手く伝わらなかったりと...

たくさんの人を相手にするのなら、ポンポンと言葉が口をついて出てくるのに...

肝心なとき、人ひとりを前にするとこれがなかなかねぇ~...


その人や全体のことを思いやる...利他愛

自分のことが先に立ってしまう...自己愛


理念や想いばかりを振りかざしているのでは...?

その人や全体ではなく、ただただ自分自身の哲学をみんなに押し付けてるんじゃ...

そうは思ってなくとも、結果的には自己愛なのだろうなと...

伝えたいことを言い終わった後、相手の顔をのぞいてみれば困惑している。

周りの人たちをよくよく振り回すものだなぁ~と。


いったいどうすればいいのかよく判んなくなってしまう。

自己嫌悪に陥ったり、逃げてしまいたくなったり...なんだろうねぇ~...

なんとも情けないことだ。

まだまだ明るい所と暗いトコを行ったり来たりの日々。

反省も踏まえ、純粋にそんなふうに感じた夜でした...。






























未分類 | 23:00:52 | トラックバック(0)