fc2ブログ
 
■プロフィール

岡  秀 行

Author:岡  秀 行
本当は「寺小屋」のようなことをしたかったんだけどなぁ...どういう訳か今は山梨県甲府市で『かんむら』という名のみんなの居場所を制度を活用しながら、時には活用しなかったりしながら運営しています。この先はたぶん制度から離れていく方向になるのかなぁ...。いずれにしてもココは誰も排除することなく、にぎやかでごちゃまぜになることを楽しんでいる場所です。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ

■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
子供たちとドライブ...
今日かんむら利用の子供たちは、たいち、いぶき、たくみ...

子供たちは春休みで、ここのところ毎日利用してくれています

かんむらスタッフのみなさん...毎日お疲れさまです。

昼食後、あんちゃんが子供たちを車に乗せてドライブに行ってくれる

時間が合えば、僕が行くんだけど。

ジジババが昼寝をする時、その枕元で走り回れちゃねぇ~...



最近、あんちゃんがドライブ担当が重なったので、今日は僕が行って来た

10分も車を走らせると、なんとも素晴らしい景色に心を奪われる。

昨日も書いたけど、いまの甲府は桜と桃が素晴らしい...

桜は散りはじめて来たけど、散り際もイイよねぇ~

思わず見とれてしまう。

ハンドルを握っているから気をつけないと...



かんむらから南へしばらく車を走らせると、「八代ふれあい公園」と看板がある。

そちらの方へ目をやると、ナント山ひとつが桃色...

その山のまわりも桃色(桃園)で、まさに天国

早速、山の頂をひたすら目指し車を走らせる。

山の頂上がふれあい公園になっているんだけど、


ajt3ujy.jpg

凄い...

葉桜になりつつあるけど、圧巻の景色

しかも、下界(来た道)を見渡せば、


a2r46sd.jpg

あいにくの天気で写真ではよく見えないけど、遥か向こうまでピンク一色~

まさに桃源郷...

ただ、その反対側は


a4whju.jpg

リニアモーターカーの線路を延線中...

風情もヘッタクレもあったもんじゃない。

けど、そんな反対側の景色にさえ目をつむっていればなんのことはない。



幸せなひと時でした...

後部座席で子供たちがいくら暴れていたって気にならない。

ご機嫌~

「ほら見てごらん...キレイだよ~」な~んて言ってみたりして

もちろん子供たちは何ひとつリアクションはなかったけど...



山梨県の財産は、「環境財産」が大きな部分を占めていると思います。

その「環境」に甘んじていてはいけませんが...

農業の担い手はじめ、「人の手」があってこそ。

今日の美しい景色も、いろんな人の努力の賜物です。

木一本だって、放って置けば実をつけるというものではありません。

ちゃんと人の手が入ってこそです。

けど、手を掛けすぎると「自然美」をそこなってしまう...

植物だけでなく生きとし生けるもの、みなそうなのだと思います。

動植物も、子供も高齢者も...

それぞれが本来もつ美しさを尊重し、関わることが大切なのだと。

つくられた「美しさ」ではなく、「自然美」

関わる側が一方的に頑張りすぎてもねぇ...

『共生』...

その物らしさ、その人らしさ、そして関わる側自身の在り方を受け容れてこそだね。

未分類 | 22:18:40 | トラックバック(0)