fc2ブログ
 
■プロフィール

岡  秀 行

Author:岡  秀 行
本当は「寺小屋」のようなことをしたかったんだけどなぁ...どういう訳か今は山梨県甲府市で『かんむら』という名のみんなの居場所を制度を活用しながら、時には活用しなかったりしながら運営しています。この先はたぶん制度から離れていく方向になるのかなぁ...。いずれにしてもココは誰も排除することなく、にぎやかでごちゃまぜになることを楽しんでいる場所です。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ

■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
おひとりさまの老後...
八代子サン(90才)...

ながい間、みんなの手を借りながらも独り暮らしを続けてきた。

それが...

腰椎圧迫骨折の強い痛みが原因で、独り暮らしがままならない状態になってしまった。

彼女とご縁をいただいたのは6年ほど前。

八代子サンが介護が必要になり、ぼくがケアマネジャーとして関わるようになってから。

以来、往診の先生とヘルパーさんの協力得ながら、これまでの暮らしを続けてきた。

3年前からはかんむらの末木サンが担当ケアマネとなっている。

腰の痛みが酷くトイレにも行けない状況ではと、先日からお泊まりでかんむらに居る。



再会を祝して...


a2n53.jpg

まぁ~ホント、よく一人暮らしを続けて来たものだ...

6年前でそう思っていたのだから、驚きだ

よく頑張ってこられたと思う。


af373.jpg

お酒は何十年ぶりだって。

にがい苦いと言いながらも、嬉しそうに飲んでおられます。

夜もずっと独りきりだったんだものね...


afghk873.jpg

昔、旦那サンとマッサージ師として働いていた。

今でも、体が感覚を憶えているようです。



上野先生の「おひとりさまの老後」じゃないけど、やっぱり自宅がイイよねぇ...

僕らが老いて、誰かの手を借りなければ暮らしが立ち行かなくなったらどうするのだろう

その時の日本が、今の社会保障体系を維持できているとはとても思えない

この先の日本、ぼくたちは、どこへ向かうのだろう...

1,000兆円の財政赤字をしょっている日本。

高波はすぐそこまで来ている。

制度や何らかのシステムにとらわれることなく、「人とひと」との在り方。

「人とひと」のネットワークは、制度なんかじゃつくれない。

もし仮につくれたとしても、脆弱な土壌に成り立っている関係じゃぁねぇ...

みなさんは、どう思いますか...

未分類 | 15:43:54 | トラックバック(0)