■プロフィール

岡  秀 行

Author:岡  秀 行
山梨県甲府市で『かんむら』という名のみんなの居場所を運営している。これは一般的に、「富山型デイサービス」と呼ばれる。「富山型デイ」とは、「子供からお年寄りまで、障害があっても無くても共にすごすことができる」というデイサービス。トンチンカンでアウトロー...山梨県では異色なデイサービスであるため、同業者からは白い眼で見られている。しかし当の本人は、それも心地よく感じられるようになってしまった今日この頃である...。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
最悪の事態...
独り暮らしのミツコさん...

前ケアマネさんが、自宅での生活が厳しくなってきたからと

週3回をかんむらのデイサービス、

あと1回を「あるデイサービス」を利用している。

そして今日、その「あるデイサービス」で転倒してしまった

聞けば、デイに行った時から精神的に不穏だったという。

年末に自宅で転倒し、腰椎を骨折してからは体の動きも良くない...

救急搬送され、結果は「大たい骨の骨折」...

自宅から最寄りの総合病院に入院となってしまった。

明日の早朝、手術だとのことだ。



転倒した状況を聞くところによると...

あまりにも、なんというか...

けっして、かんむらが素晴らしい事業だと言っているわけじゃないけど、

かんむらではあり得ない、決して起こりえない事故だと率直に思った。

そして、事故後の対応も...



a1pr5ce44.jpg

ミツコさんを見舞った...

「迷惑を掛けまいとしてるのに...ゴメンネ...」

「昌平クンは元気~?」

「早く家に帰りたいよ~...」

泣きながらそう言っていた。

どうしても腹の虫がおさまらず、

その、「あるデイサービス」に怒鳴り込んでしまった...

出て来た看護師はトンチンカンな事を言ってるし、サッパリ話にならない。

どう聞いても、「防ぐのが難しかった事故」「仕方がない」と聞こえた...



「起きるべくして起きた事故。また、起きた後の対応も酷い」

「なぜこうは考えられなかったのか、予測できなかったのか?」



そう尋ねるとキレ気味に、

「じゃ、始めから歩かせなければ良かったってことですか」と...



センター長サンが出て来て、やっと冷静にまともな話ができた。

自分自身、大人げなかったと反省した...。

大きな組織のデイサービスには、しっかりとした企業コンプライアンスがある。

その中で仕事をしてゆくことは大変だと思う。

ただ...

認知症ながらも独り暮らしをして来たミツコさんが、

「大たい骨を骨折する」ということは...

『在宅生活を卒業する』ということを意味している。

身寄りという身寄りもない...

だからこそかんむらでは、バカを言いながらも慎重に関わってきた。

それを肝に銘じ、一人ひとりのスタッフが真剣に関わって来てくれた。

かんむらでの関わりは、自宅での生活をイメージしながらだった。

自宅で転倒ならまだしも、なんで...



「チームケア」ってなんだろう...

決してお題目、形骸になってはいけないものであるはずだ。

その方に対するケアは、その方の生活全般

「その方らしさ」を意識しながら提供されるはず...

が所詮、介護保険制度ありきのサービス提供にあっては、

「たくさんいる利用者サンの中の一人」になってしまうのだろうか...

そのデイサービスも「かんむら」も、ミツコさんが彼女らしく生活して行くのを支えるチームのはずだ。

たしかに、大きいデイサービスにはそれなりの良さがある。

それはちゃんと認めている。

どのスタッフさんも、利用者サンのことを大切に想っていてくれているはずだ。

多くのスタッフを抱えるセンター長サンも大変だろう...

けど...

だけど...

想いを伝えている最中、かんむらスタッフのみんなの想いや、彼らの顔がチラつき、

センター長サンの前で、泣けてしまった...

帰り際、「言いすぎて申し訳なかった」と、よくよく頭を下げてきた。



ミツコさん...

家族のとの想い出がたくさん詰まった自分の家が大好きだった...

今後、どうなるのかは判らないけど、

かんむらは、彼女にしっかり寄り添っていきたいと思う...

未分類 | 20:28:08 | トラックバック(0)
次のページ

FC2Ad