FC2ブログ
 
■プロフィール

岡  秀 行

Author:岡  秀 行
山梨県甲府市で『かんむら』という名のみんなの居場所を運営している。これは一般的に、「富山型デイサービス」と呼ばれる。「富山型デイ」とは、「子供からお年寄りまで、障害があっても無くても共にすごすことができる」というデイサービス。トンチンカンでアウトロー...山梨県では異色なデイサービスであるため、同業者からは白い眼で見られている。しかし当の本人は、それも心地よく感じられるようになってしまった今日この頃である...。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
最後の夜...
マササン...

明日、かんむらを出られます。

かんむらに来られ、明日で88日目...

ココに来られる前の病院も88目で出られました。

全てご自分で決められた事です。



最後の夜...

マササンの大好きなお寿司をご馳走させていただきました



a1w35p@59h.jpg

思えば、『 アルコール中毒だから、受け入れてくれる施設が無い

そんな理由で『かんむら』での寝泊りが始まりました...

「断酒ありきの治療」の医療施設とは真逆の発想で始まった『かんむら』での生活。

気がつけば、ご自分で決めた定量のお酒に満足を覚え

いまや、酩酊(正気を失う事)どころか、酔っぱらう事すらも無くなり

身体能力も目覚ましく向上し、お風呂におトイレ...

殆どの事をご自分だけで済ますことができるようになりました。

来所当初からでは、想像もつきません...

理屈ではなく、「家に帰りたい!」という本人の衷心からの気持ち

そして、その気持ちを尊重し、共感し、寄りそうこと...

挙げればきりがないけれど、ご自身、そしてスタッフ一同よく頑張ってくれました。

ホントこの臨床(実践)内容、本が一冊掛けるかも~

ま、とにかく良かったです。



a1esrptppp.jpg

毎晩のように聞かされてきた、破天荒で楽しいお話...

もう聞けないかもしれないと思うと、淋しい気がします。



a1qwro;876-

かんむらにとっても僕自身にとっても、この88日間は大きな財産です。



a1se@600.jpg

かんむらに帰って来てから、粛々とお礼を言って戴きました。

マササンが仰ったことを総合しますと...

「かんむらはクサヤみたいなモノ」

珍味

そんな所でしょうか...

なによりも、

「かんむらを離れるのは嬉しいけど、寂しい気がするのも本当の気持ち

また遊びに来させてください。。。」

そう言って下さったのは、最高の褒め言葉だと受け止めました。



薬物やアルコール依存は脳が欲しがる病気。

気合や根性なんかではどうにもならないモノ

それを理解し、自分自身の状況を承知しながら選んだ結論です。

かんむらで上手に飲めていたお酒も、今後はどうなることか...

けど、それも承知の上

人間なんて、学んでいるようでも毎回のように同じ穴に落ちるものです。

ただ、「予防」ができ、それに伴って「落ち方」が少しずつ上手になります。

同じように、我々支援者も学ばされるという事でしょうか...



スタッフの皆さん...

本当におつかれさまでした。

ありがとうございました。

そして、

お互い望まないけれども

マササン...

『またのお越しをお待ちしております』

泊りじゃなくって、今度は通いでね~...

未分類 | 22:48:36 | トラックバック(0)