FC2ブログ
 
■プロフィール

岡  秀 行

Author:岡  秀 行
本当は「寺小屋」のようなことをしたかったんだけどなぁ...どういう訳か今は山梨県甲府市で『かんむら』という名のみんなの居場所を制度を活用しながら、時には活用しなかったりしながら運営しています。この先はたぶん制度から離れていく方向になるのかなぁ...。いずれにしてもココは誰も排除することなく、にぎやかでごちゃまぜになることを楽しんでいる場所です。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
表裏一体...
人の世界だけでなく、この宇宙全体が表裏一体

朝が来れば、夜が訪れる。

冬が終われば、春が来る。

紙にもコインにも裏と表がある。

意外と、順序もあったりもする。

それを間違うと 「裏表」 になっちゃったり、



a1kg@kwk[tgx]

「後ろ前」だったり...



けど大切なのは

物事、表だけでも裏だけでの存在し得ない...という事だ。

表があるから裏がある。

裏があるからこそ、表が存在する...



人とのお付き合い、社会でのお付き合いはたいへんだ...

頑張れば頑張るほど空回り~

どれだけその人の事を想ったって、その人にはなれない。

けど、自分自身には裏も表も無いから分かっているつもりだ。

というか、自分自身がやって来たことを信じるしかないということかぁ...



中学生の時に読んだ、幕末の偉人たちの言葉にある「勝海舟」の一言

『行いは我にあり... 評価は他にあり...』

なぜかこの言葉が社会人になってからよく頭をよぎる。

「どれだけ頑張っても、結局は人が決める事」

という悲壮感漂う解釈ではなく、

「正しいと思うのであれば、人からどう言われようと信じた道をゆけ」

「腹をくくれ」 と、そんなところだろうか...

その境地であれば、表は表、裏でも表...

やっぱり、腹をくくりきって『あるがまま』がイイ~

う~ん...

表裏関係なく、なんでもイイから淡々と生きたい...

未分類 | 23:54:16 | トラックバック(0)