FC2ブログ
 
■プロフィール

岡  秀 行

Author:岡  秀 行
本当は「寺小屋」のようなことをしたかったんだけどなぁ...どういう訳か今は山梨県甲府市で『かんむら』という名のみんなの居場所を制度を活用しながら、時には活用しなかったりしながら運営しています。この先はたぶん制度から離れていく方向になるのかなぁ...。いずれにしてもココは誰も排除することなく、にぎやかでごちゃまぜになることを楽しんでいる場所です。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
ホント...
大変な時代になってきた。

未来を描いた小説や映画の中の話じゃなくて、



a1det0po9pp.jpg

すぐそこにあるおはなし...

東京圏には介護力は無いので、高齢者はみんな他県に移り住めと。

あくまでも「収容」ではなく、「移住」を推進すると言っているけれど

「どの高齢者にも生産力はなく、他者の援助無しには生活が営めない。」

起案サイドの役人たちは、総合的に高齢者をそのように判断したということか...

「地域包括ケアシステム」ってなんだぁ〜?

絵に描いた餅どころじゃない。

高齢者も保険料をも地方都市に丸投げしようとするのにも憤りを感じるけど、

「普通に生活し、死んでいくことができなくなる人たちがいる」

そっちの方が嘆かわしい...



本当の政治とは人ありきで、

市に住むなら市民、県に住むなら県民、国なら国民...

そこに住む人々の生活を守るためにあるものと教えられた。

お金で政治を動かす時代になって久しいけど

日本の舵取りをしている人たちに対する不安は大きくなるばかりだなぁ

未分類 | 09:59:51 | トラックバック(0)