■プロフィール

岡  秀 行

Author:岡  秀 行
山梨県甲府市で『かんむら』という名のみんなの居場所を運営している。これは一般的に、「富山型デイサービス」と呼ばれる。「富山型デイ」とは、「子供からお年寄りまで、障害があっても無くても共にすごすことができる」というデイサービス。トンチンカンでアウトロー...山梨県では異色なデイサービスであるため、同業者からは白い眼で見られている。しかし当の本人は、それも心地よく感じられるようになってしまった今日この頃である...。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
「やまなし共生ケアネットワーク」...
設立しました...



6年ほど前に惣万さんから、

「あと3~4年ほどしたらネットワークを立ち上げられ~

そう言われていた。

そんな事もあり3年ほど前に南アルプス市の共生型デイ

「また明日デイサービス」の秋山サンに声を掛けていた。

そしてようやく今年の春に

「やまなし共生ケアネットワーク」が発足した。

今夜は第二回目の定例会で、

集まったのは



a1ski,6iv

こんなメンバー...



国は共生ケアに舵を切った。

10年前と比べると大分認知度は上がったけれど、

借金大国の日本が示す「共生ケア」は

まだまだ海のものとも山のものとも判りかねるシロモノ。

「お金がないから制度の中身を少しずつ変える」

そうやって日本の社会保障政策は成り立ってきた歴史がある。

そして今回は、

「障がい児、障がい者、高齢者を一ヵ所でケアすれば、

事業所の建築費、人件費、管理費がひと枠で済むじゃないか~

こんなトコかなぁ...



「コストがかからないし管理しやすい」



そんなものメリットでも何でもない。

多少コストが掛かったり手が掛かるのがなんだってんだ!

惣万さんや姉ぇーサンたち先駆者が続けてきた富山型デイ...

僕たちが毎日続けている「かかわり」は、

コストバランスや管理効率を度外視したところに存在してきた。



『利用する方や家族、そして働く側にも良い、

素晴らしい化学反応が起きる

本来の「共生ケア」が普及するように...』

そんな思いで会を発足した。

現段階で国から示された「共生ケア」は、

行政すら「海のものとも山のものとも判りかねる」のでは...

だからこそ会の活動を通して県や市町村とも協働してゆく。



これから国が推奨する「共生ケア」...

いったいどんなことになっちゃうんだろうね~

考えるのも恐ろしい...

国にお金がないからって効率を追い求めるあまり、

「強制ケア」にならなきゃイイけれどね...

未分類 | 23:48:18 | トラックバック(0)

FC2Ad