fc2ブログ
 
■プロフィール

岡  秀 行

Author:岡  秀 行
本当は「寺小屋」のようなことをしたかったんだけどなぁ...どういう訳か今は山梨県甲府市で『かんむら』という名のみんなの居場所を制度を活用しながら、時には活用しなかったりしながら運営しています。この先はたぶん制度から離れていく方向になるのかなぁ...。いずれにしてもココは誰も排除することなく、にぎやかでごちゃまぜになることを楽しんでいる場所です。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ

■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
四国四県目...
早朝、



a1hnwjoo4fvi.jpg

たいへんお世話になった道後温泉を後にし



a1z1xxrhpo6533.jpg

四国四県目の高知県に

ずっと来たかった場所...

日本の偉人の中でも

高知県(土佐藩)出身の「坂本龍馬」は大好きな人

竜馬好きな人となら3日間彼の話をしていても飽きないと思う



それにしても高知は遠いね



a1yej dxtt6f

やっと竜馬サンに会えた

移動時間は5時間だけれど

想いは約40年...



a1kkri9954ks0.jpg

桂浜...



竜馬像の前にはたくさんの人がいたのに

ココにはだ~れもいなかった...

竜馬サンからのご褒美



海岸線やら山の中を歩いて

ようやく「坂本龍馬記念館」へ



a1hmfytrdsaz.jpg

「坂本龍馬」という人を知ったのいつの事だったろう...

もうよく覚えていない。

関連書籍は数えきれないくらい読んだ。

あの時代に

あれだけ柔軟な発想で大義を成し遂げた人はいなかっただろう。

だけどそれ以上にボクが好きなトコロは

とても面白くて人間力にあふれているところ



a1gggg3dci7www.jpg

手紙一枚でも大真面目に描きながらも滑稽な文章になっている



※ 竜馬記念館はフラッシュ撮影でなければ撮影可です。



竜馬サンは筆マメだったので、

彼がどのような想いであれだけの偉業を成し遂げようとしていたのかがつぶさに分る歴史的書簡が多く残されている。
 
それでも近親者に宛てたものなどは

読む者を噴き出させてしまうようなものばかり

不思議と漱石の「坊ちゃん」の文体にどことなく似ている。



a1jueeummmmm5.jpg

彼の人間像が分る貴重な資料

これだけの心の内、

人間性を文書化して残した歴史上の偉人は他にはいないと思う



旅館で温泉に入って



a1 .658lt;;;;;;;;;;6t7r6udth

「ひろめ市場」へ



a1il58keh9ciol.jpg

ココは日本中の呑兵衛が集まるトコロ...



a1owei8ewev.jpg

カツオのたたき(左)

どろめ(しらすを釜揚げしていないもの)(上)

ウツボのから揚げ(右)...



道後温泉飛鳥の湯の湯婆が

「土佐に行ったらウツボ食べられませ」と...

「初心者はから揚げ」というから食べてみたら

これが意外と美味だった

見た目は怖いけど...



a1p65edfk5we.jpg

たくさんのご当地料理を戴きました



a1puhwx633.jpg

写真では分かりずらいけれど、

実はすごく広くてこの中に約60店舗が入っているらしい。

酒好きな高知県民が運営するからか

全国から酒飲みばかりが集まるからか、

とにかく大繁盛なんだとか

普段は朝8時~23時まで開いているらしい...

しかも日曜日は7時~でほぼ年中無休とか

観光客だけでなく地元の方からの支持が絶大で

もう20年も続いているんだってんだからスゴイ



a16repop6dxr.jpg

ホントは四万十川にも行きたかったけれど時間が...



a1ool54dfi4k.jpg

せめて四万十川のアユ(燻製)を

こんな場末の居酒屋(失礼!)もおもしろね~



a1ojm6300r99.jpg

陽のあたる場所とまた違った人間模様がイイよね~


日が当たっている方が赤裸々になりそうだけれど

世の中はやっぱり逆なのね~

だからおもしろい...

未分類 | 23:28:15 | トラックバック(0)