FC2ブログ
 
■プロフィール

岡  秀 行

Author:岡  秀 行
本当は「寺小屋」のようなことをしたかったんだけどなぁ...どういう訳か今は山梨県甲府市で『かんむら』という名のみんなの居場所を制度を活用しながら、時には活用しなかったりしながら運営しています。この先はたぶん制度から離れていく方向になるのかなぁ...。いずれにしてもココは誰も排除することなく、にぎやかでごちゃまぜになることを楽しんでいる場所です。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
やっぱり 「ご縁」...
9月に風間深志さんがかんむらに来てくれた時



「俺の一番仲のイイ友達が噺家(はなしか)でさぁ...」

「今度ココに来てもらえるように話しておくよ



そう仰っていたけれど、「こういう場合は殆どが社交辞令みたいなもの」

そう思っていたらその2日後、

「いつがイイ?...来てもらうの?」って...

ホントに来てくれるの

こんな場末のデイサービスのようなことをやっているトコに

さすがは 風間深志



で、その友達というのが 「林家 彦いち」 師匠だった。

じつは師匠...



a1f5f5d10.jpg

ボクの同僚 よーこサンのひとり娘



a1jiopd1.jpg

歩美ちゃんの落語の師匠だったりして~



「ご縁」 て不思議なもんだね...



ちなみに今回は 「 風間深志プレゼンツ 」なのだけれど



プレゼンターの風間氏は急きょ石川県に行っちゃって不在



a1udiop2.jpg

そんな訳の分からない中で始まりました



しかもココはかんむら



a1uiof3.jpg

何が起こるかわからない未知の世界



ところがホンモノの「噺家」さんはやっぱり凄い



「携帯電話はマナーモードに!」と言いながらいきなり鳩時計が鳴き始めたりしても



a1iido4.jpg

笑いに変えてしまう見た目はちょっぴり武骨な魔術師



a1kodk7.jpg

みぃーぽんの無茶ぶりにもキッチリ応えちゃう...

何年ぶりかに頭の付け根が痛いほど笑った

ボクの中では人間国宝~



a1iiopdk5.jpg

見てのとおり多くの人が泣きながら笑ってる



今回はたった30人限定の寄席で周知もいっさいナシ

長い間、自宅で家族のお世話に精いっぱい取り組んできた方

普段からかんむらがお世話になっている方

しかもたまたまタイミングが合った方だけにお声がけさせていただいた。

たくさん笑っていただけて嬉しかった~



たまたまお話がなかったみなさんスミマセン。

タイミングの問題だけなのでまたお誘いさせてくださいませ。



a1jkobtpd8.jpg

彦いち師匠 ありがとうございました



a1kpddyk6.jpg

今後ともよろしくお願いします

未分類 | 23:44:21 | トラックバック(0)