fc2ブログ
 
■プロフィール

岡  秀 行

Author:岡  秀 行
本当は「寺小屋」のようなことをしたかったんだけどなぁ...どういう訳か今は山梨県甲府市で『かんむら』という名のみんなの居場所を制度を活用しながら、時には活用しなかったりしながら運営しています。この先はたぶん制度から離れていく方向になるのかなぁ...。いずれにしてもココは誰も排除することなく、にぎやかでごちゃまぜになることを楽しんでいる場所です。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ

■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
山盧を訪ねて...
シロー姉さんは万葉集や近世の俳句に精通した才女で

かつて北は多賀城(宮城)、南は川内(鹿児島)と

万葉の句が読まれた地を旅していた。

俳句にも造詣が深く、大学での勉強会にも通ったらしい...



今日はお姉さんのリクエストで山梨県の俳人

「飯田蛇笏(だこつ)」とその子「飯田龍太」の生家を訪ねた。

蛇笏は正岡子規が作った「ホトトギス」へ投句していた俳人



「笛吹市境川を流れる狐川沿いで後山の手前」

そこに彼らの山盧があることは判るのだけれど

行ったこともなければネット上にも地図がない...

それでもひたすら狐川沿いを上っていくと



a1ltylxx1.jpg

お~っ



a1idui2.jpg

近年建て替えられたとみられる「山盧」



a1iidixxq3.jpg

お隣には蛇笏と龍太の生家

残念ながら現在は拝観できないけれど

なんとも言えないたたずまいを残している。

お姉さんは声を上ずらせ彼らの句をそらんじながら感慨に浸っていた...



a1jkkcujc4.jpg

後ろには「後山(ごやま)」



a1k8x5.jpg

眼前には甲府盆地が見渡せる場所で多くの名句が詠まれた...



御年92才のシロー姉さん



急な坂を行ったり来たりした様子は健脚ぶりだった



a1nuocc6.jpg

元気なうちにいろんな所へ行きましょうね...

未分類 | 16:06:51 | トラックバック(0)