fc2ブログ
 
■プロフィール

岡  秀 行

Author:岡  秀 行
本当は「寺小屋」のようなことをしたかったんだけどなぁ...どういう訳か今は山梨県甲府市で『かんむら』という名のみんなの居場所を制度を活用しながら、時には活用しなかったりしながら運営しています。この先はたぶん制度から離れていく方向になるのかなぁ...。いずれにしてもココは誰も排除することなく、にぎやかでごちゃまぜになることを楽しんでいる場所です。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ

■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
阪井のネーサン
富山型デイサービス「にぎやか」の阪井ネェーさんと話をした。

ネーさんと話をするのは、実に8か月ぶり。

「うつ」に悩んでいた時、相談をしたかったのだが、余計な心配をかけたくない思いもあった。

「にぎやか」に電話をかけると事務の太田さんが出られ、阪井さんに替わってくれた。

替わるや否や、二人でゲラゲラと大笑い  

なんだろう...この感覚は...。

きっと魂が喜んでいるのだろう。

意味もなく、ただ嬉しい。


そういえば昨日、惣万さんと電話で話をしていた時、ネーさんと一緒にいると言っていた。

惣万さんから、岡が 「うつ」 を患ったと聞いたのだろう。


ネーさんは一昨年、「うつ」 になった。

トコトンやった挙句、既に一度は通った道。

だからこそ、出た 「笑い」 だったのだろう。

何も話していないのに、 「あたしらそんなに強くないっちゃ。苦しい時はそれに気づかれ。そして休まれ...。」

言葉が、身に沁みた。


人は自分の弱さを知った時、本当の強さを知るのだという。

けれどもネェーさんは、 「そんなこと、どーだっていいじゃん」  と言っているかのようだった。

人は強くない。

このまんま... 『 ありのまま 』 でいいんだと。










未分類 | 09:50:03 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する