FC2ブログ
 
■プロフィール

岡  秀 行

Author:岡  秀 行
山梨県甲府市で『かんむら』という名のみんなの居場所を運営している。これは一般的に、「富山型デイサービス」と呼ばれる。「富山型デイ」とは、「子供からお年寄りまで、障害があっても無くても共にすごすことができる」というデイサービス。トンチンカンでアウトロー...山梨県では異色なデイサービスであるため、同業者からは白い眼で見られている。しかし当の本人は、それも心地よく感じられるようになってしまった今日この頃である...。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
祝 よだっち...
出会ったのはまだフサフサだった18歳のころ...

少ししか話さなかったのにすぐに打ち解けた。

たぶん僕が親友と呼べる唯一のひと



a1fleigw005.jpg

よだっちが結婚した~

もちろん初婚...

フサフサでこんなにカッコイイのになぜ結婚できなかったのかというと

僕がいたから...

うそです



ここ数年はお互い忙しいけれど以前は毎日のように一緒だった。

ある朝、父が仏壇の前に僕を呼び言いづらそうに

「おまえ...そのぉ~...依田君とは最近どうなっているんだ」と...

ふすまの向こうでは母が聞き耳を立てていた



新婚早々のころ

僕の誕生日の日によだっちから電話がかかってきた。

「いまから誕生日祝いに飲みに行こう」と...

ゆっこサンが「行って来たら~」と言うので

ほったらかしにして二人で遅くまで飲んだくれてしまうくらいの仲良し

いま考えてもろくなもんじゃないね...



本当はじっくり考えて気の利いたことを言えればよかったのだけれど

どう考えても思い浮かばなくて



a1kfiut3g9u2.jpg

式が始まってから考えた友人代表挨拶...

やっぱりダメだね

結局予想どおり、会場は大きな笑いに包まれちゃった...

そりゃそうだ

あの頃は二人でずいぶんおバカなことをやっていたものね...

本気で大真面目だった!

そのままの事を話せばそうなるに決まってる。



もうしわけない...

それにしてもあの頃の発想やパワーってどこから湧いて来たのだろう

あれを共有できたら

できたからいまの自分があるような気がする。

あれが「青春」というものだったのかもね...

随分と暗い人生を送ってきた中にもそんな時間があったこと

共有してくれたことに感謝しかない。



誠実な人柄だもの



a1ukekb5s.jpg

その目で見定めたのだから間違いナシ

ほっとした...

よかった。

ありがと。



a1vkeotwp@6.jpg

おめでと...

未分類 | 23:59:19 | トラックバック(0)

FC2Ad